ページの先頭です

チューリップ通信

第15回卒業式

 去る3月9日、甲賀看護専門学校第15回卒業式が挙行され、学校長より式辞が述べられ、来賓の祝辞をいただきました。今年度は34名の卒業生が、思い出多い学び舎をそれぞれの目指す看護師像に向かって巣立ちました。

 在校生送辞では、先輩の日々の学校生活や学校祭での取り組みから、物事を成し遂げるためのチームワークの大切さを学んだことや、看護師を目指し先輩方に続けるように邁進していくことを誓いました。また、卒業生答辞では、実習で出会った患者様からの学びが、看護の喜びを強く感じる時間になったこと、学習する機会や場を与えて下さった地域の方々や、支えて下さった皆様に感謝を述べました。

 卒業生が、地域で看護師として活躍してくれることを期待しています。

平成29年度「チューリップ祭」を開催しました(平成29年10月13日・14日)

 10月13日から始まった学校祭当日は、あいにくの雨でしたが、たくさんの地域の方々にお越しいただきました。足元の悪い中、ご来校下さいました皆様、ありがとうございました。
 今年の学校祭は、新たな企画として「地域ブース」を設けました。そこでは、地元の茶葉を使って作成した消臭剤を紹介しました。またお茶を用いた手浴体験は、とても好評でした。他にも学生の学習成果発表をご覧いただいたり、模擬店で一息ついていただいたり。さらに、「よさこいKOUGA彩風舞人」のみなさんのパフォーマンスで会場は大いに盛り上がりました。
 地域の方々に育てていただいている私たちです。ささやかな感謝の気持ちが届けられるかとても不安でした。しかし、皆様が喜んで下さったことを何よりも嬉しく感じています。来年も“皆様を笑顔にできる学校祭♡”を目指しますので、ぜひお越しください。

平成29年度特別講演を開催しました(H29年10月11日)

 今年度は、「看護の現場に笑いのエッセンス」をテーマに、元お笑いタレントで現在放送作家としてご活躍されています「Wマコト」さんにご講演いただきました。地域の方々もご参加下さり、参加者全員が笑いと笑顔を体験しながらの90分間でした。患者様とのコミュニケーションや日常のコミュニケーションについて改めて考える機会となりました。

 次年度も、地域の皆様と共に有意義な時間が過ごせるような講演会を企画しますので、ご期待ください。

平成29年度第2回オープンキャンパスを開催しました(H29年7月31日)

62名の方が参加して下さいました。
一回目と同様に、学校紹介、卒業生の話、在校生の学習発表、模擬授業の後、体験コーナーでは、看護技術や、高齢者体験、赤ちゃん抱っこ体験をしていただきました。
参加者の方々からは、「もっと看護師を目指したいと思いました。」「在校生との話が楽しく参考になりました。」などのお声をいただきました。
2回のオープンキャンパスで、参加者の方より、「元気に挨拶の出来る学生さんですね。」や「親切な学生さん達ですね。」と嬉しいお言葉をいただきました。このような学生を大切にし、今後も地域の皆様に好感を持っていただけるような看護師に育てていきたいと思います。
今年度のオープンキャンパスは終了しましたが、10月13日(金)と14日(土)に学校祭を開催します。各学年の学習成果発表や日常の学校生活とは違いますが、学生の様子や活動を見ていただくことができますので、ぜひお越しください。

平成29年度第1回オープンキャンパスを開催しました(H29年7月25日)

61名の方が参加して下さいました!!

学校紹介、卒業生の話、在校生の学習発表、模擬授業の後、体験コーナーでは、看護技術や、高齢者体験、赤ちゃん抱っこ体験をしていただきました。各体験コーナーでは、在校生と参加者さんの交流ができ、楽しい時間となりました。

参加者の方々からは、「いろいろな体験ができ良かった。」「看護に対する愛情の大きさを感じました。」「寄り添える看護が自分も一緒にしたいと感じた。」「交流会が楽しかった。」「質問に丁寧に答えてもらえた。」などのお声をいただきました。

次回は7月31日に開催します。内容は1回目と同じです。ご予約をお待ちしています。

防災訓練(H29年4月10日)

火災訓練と防災訓練を実施しました。まず初めは、自分自身が安全に避難する訓練をしました。その後、消火や動けない患者さんを安全に避難していただく方法を訓練しました。

親睦会(H29年4月7日)

4月7日に、3学年と教員合同の親睦会を、2年生がリーダーになり実施しました。みんな幼児に戻り、三輪車に乗って、笑顔になるひと時でした。ゲームの後は、チームで茶話会をし、先輩から新入生に、学習や学校生活のアドバイスをしました。

入学式(H29年4月5日)

平成29年4月5日に40名の新入生を迎えました。

 学校長より式辞が述べられ来賓の祝辞を頂きました。今日から看護師を目ざして、様々なことを学びます。

看護学校での出会いが、一生の宝物になりますように。

甲賀市・湖南市の社会福祉協議会へ寄付をしました(H29年2月9日)

去る平成28年10月14・15日に学校祭を行った収益のうち、6万円を甲賀市・湖南市両市の社会福祉協議会に届けに行きました。
毎年、社会福祉協議会の方々には老年実習で大変お世話になり、若い頃から培ってこられた農作業の様子や元気に動き回られるゲートボールなど一緒に体験させていただき、たくさんの学びを得ています。これからの学びを看護に活かしていきたいと思います。


甲賀看護専門学校 学生一同


平成28年度第1回オープンキャンパスを開催しました(H28年7月25日)

この日は、予想を遥かに上回る方々にご来校いただきありがとうございました。
窮屈な思いをさせてしまい申し訳ありませんでした。

7月25日(月)13時20分から学校紹介、卒業生の話、学習発表及び模擬授業をさせていただきました。
その後、体験コーナーでは在学生との交流を深めながらしていただきました。
参加者の方々から「体験がすごく勉強になりました。学生さんやスタッフの方が気軽に話かけてくださり楽しく体験することができました」や「真剣に甲賀看護専門学校を受験することを考えてみます」などのお声をいただきました。

次回は10月1日(土)に開催します(13時から受付を始めます)。
たくさんの方々のご来校をお待ちしています。

宿泊研修IN高島市「白浜荘」(H28年6月22-23日)

募金活動のお礼(H28年6月1日)

 私たち甲賀看護専門学校16期生40名は、4月25日から5月20日の期間中、スーパーハズイ水口店さま・JR貴生川駅・公立甲賀病院のご協力をいただき熊本地震で被災された方々への募金活動を12回実施しました。
 今回の募金活動で多くの方々にご協力をいただき、総額189,393円の義援金が集まりました。心より御礼を申しあげます。日本赤十字社を通して5月26日に熊本地震で被災された方々へ届けました。
 今回の活動を通して、人との繋がりや心の温かさに触れられ、相手を思う気持ちが互いを支え合っているのだと実感しました。
 また、クラスでは個々に責任感が生まれ団結することの大切さや協調性を築く機会を頂きました。
 私たちは甲賀市・湖南市からのご支援をいただき看護を学んでいます。
 今回の貴重な経験を活かし、地域の方々の健康を支えられる看護師になれるよう日々努力していきたいと考えています。
 ご協力をいただきました地域の皆さま誠にありがとうございました。

募金活動(H28年4月28日)

 熊本の震災で多くの方々が被災されたことを報道で知り、私たちにも何かできる事はないかと16期生はクラスで話し合いを重ねました。
 活動場所を探すのに苦戦しながらも提供をしていただいた方々に感謝の思いで一杯です。
 「募金活動がしたい」という思いだけでできるものではないことを学びました。
 みんなで知恵を出し合いようやく4月25日貴生川駅前での活動がスタートしました。

 この活動を通じて人と人の繋がりに感動し熊本の復興を願っている人たちがこんなにもたくさんおられるのを知り胸が熱くなりました。
 5月20日までの短い期間ですが、貴生川駅、スーパーハズイ水口店、公立甲賀病院の一角をお借りしてクラス全員一丸となって頑張ります。
 尚、収益は日本赤十字社を通じて熊本の方々に届けます。

防災訓練(H28年4月11日)

強風の中、火災訓練と防災訓練を実施しました。

親睦会(H28年4月6日)

4月8日に、3学年と教員合同の親睦会を、2年生がリーダーになり実施しました。

入学式(H28年4月6日)

平成28年4月6日に40名の新入生を迎えました。
学校長より式辞が述べられ来賓の祝辞を頂きました。

第13回卒業式(H28年3月11日)

今年、甲賀の学び舎から巣立っていく卒業生。
卒業おめでとうございます。
実習先で会ったときは、色々教えてください。
皆様のご活躍をお祈りしています。
皆さんが頑張ったからこの日を迎えられたんですね。
みんななら優しくて人の思いに寄り添える看護師になれると思います。
みんなの優しさや仲間を大切にする思いを引き継ぎ素敵な看護師を目指します。
送辞…
先輩たちは、いろんな人を受け入れる寛容さを持っている人たちでした。
…私たちは、地域に愛される学校づくりをしていきます。…
答辞…
苦しい時、辛い時、友達と支え合い乗り越えられた…何度か逃げ出したいと思ったとき、私たちは逃げ出すことができるけど患者様は病気から逃げ出せない…地域の人たちがここで生き続けていけるような看護ができるようになりたい。…

5月の空に泳ぐこいのぼり(H26年5月2日)

5月の空に泳ぐこいのぼりと学生たち
勉強の合間をぬって楽しく鬼ごっこ
午後からの授業にさし障りのないようほどほどに。

さくら祭り(H26年4月5日)

4月5日さくら祭りに参加しました。
解体予定の旧公立甲賀病院正面駐車場で、地域住民の方々と共に旧病院に思いを馳せていただきながら、桜を鑑賞していただこうと「公立甲賀病院 さくら祭」が開催されました。
甲賀看護専門学校も出店させて頂きました。
東北復興の願いを込めて岩手県久慈市山形町のみに伝わる郷土料理、じぇじぇじぇ~で有名になった「まめぶ汁」を前日から一生懸命作りました。美味しくできたかなあ?
「ぜんざいいかがですか~~~」と呼びこむ教員と学生
バルーンアート教室では、学生と教員が、風船をパンパン割りながらもアンパンマンやライオン、犬を作って子供たちにプレゼントしました。

入学式(H26年4月7日)

4月7日 私たち入学いたしました。
快晴の中、私たち14期生40名は甲賀看護専門学校に入学しました。
朝から鶯の鳴き声が「おめでとう」と歌ってくれているようです。
3年間看護の基礎を学び地域に貢献できる様、頑張ります。
どうぞよろしくお願いします。

第11回卒業式(H26年3月10日)

3月10日、卒業式前日は雪が降ったり止んだりの1日でした。
卒業式当日は、肌寒かったもののとても良いお天気の中、厳かに行われました。
谷畑管理者様はじめ来賓の皆様からご祝辞をいただきました。
答辞…
柔らかな春の息吹が感じられるこのよき日に、このように盛大な式典を挙行して頂き、卒業生一同心より感謝申し上げます。
…看護師への夢を胸にこの場所で入学式を迎えたのは2011年4月でした。
その一か月前に東北で震災が起こり、入学式では学校長先生や谷畑管理者様が災害医療の重要性、DMATの派遣についてお話してくださいました。
いつか自分たちも人の命が救える、そんな看護師になれるだろうかという期待と不安が交錯したことを覚えています。
…最終学年では、八か月に及ぶ領域実習…自らの身体の辛さを省みず、私たちの看護を受け入れて下さった患者様の存在なくして実習を語ることはできません。
患者様のために何かできることはないか、微力ながら助けにならないかと一晩中悩みました。
決して上手くはない援助を笑顔で喜んで下さり、温かな励ましの言葉さえ頂くことがありました。
…毎日素晴らしい時間を与えて下さった患者様に、この先恩返しができるよう日々精進していきたいと思います。…
無事卒業式を滞りなく閉じることができました。お忙しい中、ご参列いただいた皆様に感謝申し上げます。
式が終わり教室に戻った卒業生に在校生やチューターから温かい言葉や記念品が渡されました。