ページの先頭です

ご挨拶

 

 甲賀看護専門学校は甲賀市・湖南市の設立による公立の看護学校で、平成13年4月に開校され、1学年40名となっています。

平成29年3月に14期生が卒業し、433名の卒業生が滋賀県内を中心に県外でも看護師として活躍しています。

 今、日本は世界一の超高齢社会であり、2025年には高齢化率が30%を超えると推計されており、治す医療と共に支える看護・介護が重要となり、心のケアを含め看護師が中心となる時代であります。

 

 甲賀看護専門学校は豊かな自然環境と優れた教職員・講師陣に恵まれ充実した看護教育・実習が行われています。

 芸術の科目として、信楽焼の陶芸や絵画の制作もあり、科学的思考と深い知性、高い徳性、豊かな感性を兼ね備えた看護師養成を目指しています。主たる実習病院である公立甲賀病院はじめ、国、県、近隣病院からの奨学金制度もあり、教職員と学生間の親しい関係があり、学校祭である「チューリップ祭」も地域に開放し共に楽しんでいます。学生は3年間充実した楽しい学生生活を送っています。

 

 甲賀看護専門学校に入学してすばらしい看護師になって頂くことを期待しています。

 

                                                        学校長 冨永 芳徳